TOP    News    海外手芸紀行    イベント    プロフィール    Blog    Mail


 トルコの手芸 

     

    
トゥーオヤ


 レース針を使って作る
 オヤのこと。

 トゥーとはトルコ語で
 『かぎ針』の意味。


 オヤの中で老若を問わず
 圧倒的に人気が高く、
 もっとも一般的なのが
 トゥーオヤである。



   ボンジュクオヤ


 ビーズを使うオヤのこと。


 ボンジュクとはトルコ語で
 『ビーズ』の意味。

 技法としてはイーネ、トゥー、
 メキッキ、フィルケテそれぞれに
 ある。


 美しく華やかな雰囲気から
 主にお祝いの席で着用される。

 
    イーネオヤ


 縫い針を使って作る
 オヤのこと。


 イーネとはトルコ語で
 『針』の意味。


 縫い針で結び目(オヤ結び)を
 作りながら仕上げていく
 イーネオヤは、その清楚な
 雰囲気からイスラム教の
 お祈り用のスカーフにも
 施されている。

 

メキッキオヤ


 メキッキとはトルコ語で
 『機織りの梭(ひ)』という意味。

 シャトルという紡錘形の道具を
 使い、日本ではタッティングレース と呼ばれている。


 高度なテクニックを要し、
 習得にも時間がかかるため、
 残念ながらトルコの若い女性たち
 から敬遠されている



フィルケテオヤ



 ヘアピンレースとも呼ばれているフィルケテオヤはU字型の道具を使い、レース用のかぎ針で製作していく。



 無数のパターンをもつトゥーオヤに比べフィルケテオヤで製作できるパターンは限られているため、残念ながら若い世代は積極的に作ろうとはしないようだ。



 










 

チェイズ


 チェイズとはトルコ語で花嫁支度の意味。


 『手先の器用なことが良いお嫁さんの条件』と伝えられるトルコでは、女の子たちは幼い頃から祖母や母に教えられ手芸をし、チェイズの製作に備える。


 嫁ぎ先で『良いお嫁さん』と評されたい娘心と、
『1枚でも多く持たせたい』と思う親心は洋の東西を問わないようだ。









 

アンテップ刺繍



 トルコの南東、シリアとの国境付近にあるガズィアンテップという街で、粛々と伝承されてきた繊細な刺繍製品をその地名をとって『アンテップ刺繍』という。





 四人の分業によって製作されるこの刺繍は、布の糸目を抜き、布をかがり、刺繍を刺し、最後にイーネオヤをつけて完成させる。















 

きんちゃく



 きんちゃく型の小物入れはオスマン朝最盛期の14〜15世紀にかけて男性によって愛用されていた。
 

 小銭や懐中時計、切手を入れて持ち歩いてたきんちゃくは先端を尖らせた『アーモンド』という特徴的なフォルムをしている。


 札の流通と共にきんちゃくは長財布にとって変わったが、現在はおしゃれ用の小物入れとして、女性向に販売されている。










 

くつした



 民族衣装で着用されるトルコの靴下は、独特の柄と派手な多色使いが特徴的であり、トルコ語で『チョラプ』という。


 着用者の出身地や身分、配偶者の有無が確認でき、身分証明の役割を担っていた。



 現在はルームシューズタイプの短い靴下が主流になっていて、こちらはトルコ語でパーテッキという。













 

ボディスクラブ
 


 トルコにはハマムという公共浴場のサウナがあり、垢すりやマッサージをしてくれる。



 ケセジという垢すり師が垢すり、マッサージを施したあと体を洗ってくれる際に使うのがこのボディスクラブである。

 かぎ針で柔らく編み上げるスクラブはナイロンの糸を使用しているため、速乾性があり、衛生的。



 











 

Copyright 2006
Kou Nanami All Rights Reserved